2022年3月15日

トイレ

トイレのウォシュレットの水が止まらない時の対処法

水回りのトラブルは頻繁に起こるわけではないので、対処に困りますよね。ウォシュレットのような細かな部品の多い電化製品は、自分の処置が故障の原因になりかねない不安もあり余計に対処しづらいと思います。

今回は、ウォシュレットの水が止まらない原因やその対処法をご紹介するので、いざという時に役立ててみてください。

この記事の監修者

水PRPコラム 編集部

トイレのウォシュレットの水が止まらない原因

トイレのウォシュレットを使用後、「止」ボタンを押しても水の噴射が止まらないなんてことが起こった場合、かなり焦って困ってしまうと思います。

まずは水が止まらない原因を知って、それぞれの原因に合った対処を行いましょう。

電源の不具合

ウォシュレットの水が止まらないというトラブルが起きた時、まず考えられる原因は電源の不具合です。

電源に不具合があると電気系統を作動させることができません。

電気系統の作動がうまくできないと、ウォシュレットのノズルから排出される水を停止させることができなくなるため、水が止まらなくなるという現象が起こります。

リモコンの電池切れ

2つ目に考えられる原因は、ウォシュレットの水を出したり止めたりするボタン(リモコン)の電池が切れてしまっていることです。

ウォシュレットのボタンは便器の横(便器自体)についているタイプもありますが、最近では便座の横の壁に取り付けられているリモコンタイプも多くあります。

壁についているタイプのリモコンは、ボタンを押すことでウォシュレット機器に遠隔で指示を出しているため、リモコンの電池が切れていると遠隔操作が不可能に。

そのため「止」ボタンを押しても、ウォシュレットのノズルからの水が止まらないという現象が起こります。

接続部のゆるみ

また、ウォシュレットの水漏れが止まらないというパターンもあります。
この時に考えられる原因は、パーツとパーツを接続している箇所の緩みです。

水道管からウォシュレットのノズル部分までの水路は、さまざまなパーツをつなぎ合わせて作られています。

そのため、そのパーツ同士の接続部分が何らかの理由で緩んでいると、その緩んでいる部分から水漏れが発生してしまうのです。

また、ノズルにつけられたパッキンの劣化や、ノズルの目詰まり、水流を調節する部分の不具合などもウォシュレットの水漏れの原因として考えられます。

トイレのウォシュレットの水が止まらないときの対処法

それでは、トイレのウォシュレットの水が止まらない時の原因にあわせて、対処法をご紹介します。

それぞれの原因に合った対処法を行うようにしましょう。

電源の不具合の場合

電源の不具合が原因の場合は、電気系統を正しくつなげるためにウォシュレットの電源を一度落としてみましょう。

「便器のコンセントを抜き差しする」「電源プラグのリセットボタンを押す」「主電源のスイッチをリセットする」などの方法が有効です。

コンセントを抜く時、止まらないウォシュレットの水でコンセントが濡れてしまっていると感電する恐れがあります。
乾いたタオルなどでコンセントの水気を拭き取ってから、絶縁性の高いゴムなどの素材の手袋を着用してコンセントを抜きましょう。

電源をリセットさせた時に水の噴射が止まるようであれば、問題はありません。

リモコンの電源切れの場合

リモコンの電源切れが原因の場合も、上記で述べた3つの電源をリセットさせる方法を試してみましょう。

電源を入れ直した時にリモコンの遠隔操作が利くようであれば問題ありません。

残りの電池量を確認して少なかった場合は、新しく電池を交換して対処しましょう。

接続部のゆるみの場合

電源をリセットしたり、遠隔操作タイプのリモコンの電池を入れ替えたりしても水が漏れている場合は、接続部の緩みが原因でしょう。

接続部の緩みは、トイレの部品の修理が必要なので水回りのプロに修理を依頼しましょう。

量販店などで部品を買って自分で修理することもできますが、ウォシュレットは細かい電子機器が部品となっているため、取り扱いが難しいです。

手違いを起こして故障させてしまい、かえって修理代が高くなってしまうことも。

接続部が緩んでいることがわかったら、しっかり知識を持っているプロに相談することをおすすめします。

まとめ

トイレのウォシュレットの水が止まらなくなったら、まずは便器のコンセントを抜いたり電源をリセットしたりして、ウォシュレットの動きを止めましょう。

次に壁に取り付けられている遠隔操作タイプのリモコンの電池の残量を確認して、電池残量が少ない場合は電池を新しく変えてください。

それでも治らない場合は、修理業者に依頼しましょう。

また、ウォシュレットの水でトイレの床が濡れていたら、放置せずにすぐ拭き取り、乾燥機を回しましょう。

濡れたままにしておくと建物が痛み、集合住宅であれば、下の階の部屋に浸水してしまう恐れもあります。

水場はどうしても湿気が多くなり建物が痛みやすいので、湿った空気を排出してできるだけ乾燥状態を保てるようにしてください。

突然ウォシュレットが故障した時の応急処置はもちろんですが、普段から定期的にメンテナンスを行うようにすると、ウォシュレットの持ちが良くなったり、異変に早く気付けたりします。

監修者情報

監修・運営者
株式会社スイドウサービス
住所
東京都北区赤羽1-52-1
お問い合わせ
0120-688-744

関連記事